プロテインは太らない

プロテインをとると太るのではないか、
と思っている人は少なからずいるかも知れません。
実際は、プロテインを利用してダイエットができるぐらいなので、
摂り方さえ間違わなければ太ることはないと思います。

タンパク質は人間の体を作るために必要なものです。
筋肉をはじめ、内臓や血液、皮膚、毛髪など、いろいろなところに、
タンパク質が使われているのですね。

毎日の食事だけで、十分なタンパク質を摂ることができるか、
というと、なかなか難しいのではないかと思います。
そこで、プロテインによって良質のタンパク質を補給するのです。

かと言って、必要以上に摂取しすぎてもあまり意味がなく、
体内に吸収しきれなくなるだけです。
一度にたくさんプロテインを摂り過ぎたりすると、
場合によってはお腹をこわしてしまうこともあります。

ウェイトトレーニングを続けて、プロテインを摂ることによって、
筋肉がついてきて、体重が増えることはあります。
この場合は、筋肉の量が多くなって体重が増えるので、
いわゆる「肥満」の意味での太るということではありません。

普通、ウェイトトレーニングで筋肉量が増えると、
基礎代謝量が多くなり、脂肪が減っていきます。
筋肉が増えて脂肪が減るので、体重そのものは大きく変わりません。
要するに中身が変わるということですね。

用法を間違わずにプロテインを活用すれば、
太ることはありませんし、むしろダイエットができるほどです。
でも、サプリメントとしてのプロテインは、
あくまでも補助的な役割を果たすものだということも、
理解しておく必要があると思います。


スポンサードリンク

posted by アミノパワー at 17:36 | プロテインは太らない

ダイエットにもプロテイン

最近、ダイエットのためにプロテインを活用する人も多いようです。
ダイエットでは、必要不可欠な栄養素をとりつつ、
体重を減らしていかなければなりません。
そのためには、余分なカロリーのない良質のタンパク質が求められます。

残念ながら、その良質のタンパク質を食事でとるのは難しいことなのです。
そこで、役に立つのがプロテインなのですね。
プロテインは、良質のタンパク質が豊富に含まれており、
食事ではとれない、体に必要なタンパク質を摂取することができるのです。

プロテインは、溶かして飲むだけなので手間がかかりません。
また、今ではバニラ味やオレンジ味など、飲みやすい味になっています。

ダイエットのためにプロテインを飲むときは、
1日に1回飲むだけでいいと思います。
飲むタイミングとしては、運動をした直後か寝る前がいいでしょう。

運動をすると、筋肉がタンパク質を大量に必要とするので、
ここでプロテインを摂取しましょう。
食事からタンパク質をとるときと比べると、
プロテインの方が体に吸収されやすいので、
すばやく筋肉に補給することができます。

夕食を食べたあと、寝る前にちょっと小腹がすいたりします。
そんなときに、何か夜食を食べてしまうとダイエットにはよくありません。
そこで、プロテインを飲むようにすればいいと思います。
プロテインなら食欲を満たすことができますし、
余分なカロリーが含まれていないので安心です。

成長ホルモンは眠っている間にたくさん分泌されます。
寝る前にプロテインを飲むと、疲れた筋肉の回復をさせるとともに、
筋肉を強くしてくれるのです。

スポンサードリンク

タグ:プロテイン
posted by アミノパワー at 23:26 | ダイエットにもプロテイン

プロテインの飲み方

プロテインの飲み方についてですが、
体が処理できるタンパク質の量は限られています。
もちろん、体格が大きければ処理できる量も多いとは思いますが、
一度にたくさんのタンパク質を摂取し過ぎてしまうと、
お腹をこわしてしまうこともあるので注意してください。

それから、食事と食事の間に飲む場合はいいのですが、
食事の代わりにプロテインを飲むというときは、気をつけましょう。
食事の後、とくに運動したり活発に動くようなことがなければ、
食事代わりにプロテインをとるだけでもいいと思いますが、
運動したり、活発に動くようなことがあるのなら、
そのためのエネルギーが必要となります。
そのエネルギーはプロテインではなく、食事からとるようにしてください。

プロテインそのものは、運動するためのエネルギー源としてではなく、
運動後のタンパク質の補給をするのに効果を発揮します。
脳や体を動かすためのエネルギーとはならないのですね。
エネルギーになるのは炭水化物なのです。

ダイエットするのが目的であれば、
食事の代わりにプロテインを飲むという方法もあるのですが、
そうでなければ、やはりプロテインは食事ではなく、
食事だけでは足りないタンパク質を補充するために利用することです。

どうしても食事代わりにプロテインを飲みたいときは、
炭水化物や他の栄養素も含まれたものを飲むといいでしょう。
また、タンパク質は炭水化物と同時に摂取することにより、
より効果的に働くといわれています。

いずれにしても、プロテインを活用するときは、
自分の目的に合ったものを選び、その用法や用量を守って、
最大の効果が得られるようにしたいものです。

スポンサードリンク

posted by アミノパワー at 12:12 | プロテインの飲み方
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。