プロテインを効果的にとる

高タンパクの健康食品であるプロテインは、
ただ飲めばいいというものではありません。
タイミングや量を間違えて飲み続けても、
思ったような効果が表れないことがあります。
上手なとり方をすることによって、より高い効果が期待できるのです。

プロテインは、タンパク質の含有量によって大きく2種類に分かれます。
ひとつは、タンパク質の含有量が70〜90%と高配合のもので、
おもにスポーツ選手など、筋肉量を増やしたい人が対象となります。
そしてもうひとつは、タンパク質の含有量があまり多くなく、
代わりにカルシウムや鉄分、ビタミンなどが配合されたタイプで、
健康維持や成長を促すのが目的のものです。

プロテインの効果をより高めるためには、
食事の後あるいは運動の後、1時間以内に飲むのがいいと思います。
食事の後にとると、食事によって体内にインシュリンが分泌され、
タンパク質がすばやく吸収されるためです。
運動後にとるのは、運動を終えた直後から、
筋肉の修復が行なわれるからです。

1回の摂取量は、大人の場合なら20グラムでいいでしょう。
一度に多量にとってしまうと、とり過ぎた分を吸収することができず、
おなかをこわして下痢をしたりすることもあります。

一般的に、プロテインをとる場合には、1回20グラムを目安にして、
多量にとる場合は、数回に分けてとるようにすればいいでしょう。
但し、種類や目的によって、飲む量やタイミングは違ってくるので、
その商品に書いてある用法を守るようにしてください。


タグ:プロテイン

スポンサードリンク

posted by アミノパワー at 00:52 | プロテインを効果的にとる
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。