プロテインの飲み方

プロテインの飲み方についてですが、
体が処理できるタンパク質の量は限られています。
もちろん、体格が大きければ処理できる量も多いとは思いますが、
一度にたくさんのタンパク質を摂取し過ぎてしまうと、
お腹をこわしてしまうこともあるので注意してください。

それから、食事と食事の間に飲む場合はいいのですが、
食事の代わりにプロテインを飲むというときは、気をつけましょう。
食事の後、とくに運動したり活発に動くようなことがなければ、
食事代わりにプロテインをとるだけでもいいと思いますが、
運動したり、活発に動くようなことがあるのなら、
そのためのエネルギーが必要となります。
そのエネルギーはプロテインではなく、食事からとるようにしてください。

プロテインそのものは、運動するためのエネルギー源としてではなく、
運動後のタンパク質の補給をするのに効果を発揮します。
脳や体を動かすためのエネルギーとはならないのですね。
エネルギーになるのは炭水化物なのです。

ダイエットするのが目的であれば、
食事の代わりにプロテインを飲むという方法もあるのですが、
そうでなければ、やはりプロテインは食事ではなく、
食事だけでは足りないタンパク質を補充するために利用することです。

どうしても食事代わりにプロテインを飲みたいときは、
炭水化物や他の栄養素も含まれたものを飲むといいでしょう。
また、タンパク質は炭水化物と同時に摂取することにより、
より効果的に働くといわれています。

いずれにしても、プロテインを活用するときは、
自分の目的に合ったものを選び、その用法や用量を守って、
最大の効果が得られるようにしたいものです。


スポンサードリンク

posted by アミノパワー at 12:12 | プロテインの飲み方
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。